境川工業の会社案内

境川工業の会社案内

ご挨拶


初めまして。産業機械用熱交換器及び空調用ヒータ・クーラの設計製造を行っております境川工業 代表取締役社長 真田博之です。
境川工業の熱交換器は、様々な工業製品の生産工程に採用されています。 産業機械用熱交換器のみならず、冷却・空調用の設備機器用熱交換器としても幅広く採用されております。
プレートフィン式熱交換器、エロフィン式熱交換器、シェルアンドチューブ式熱交換器など、様々な熱交換器を取り揃えております。
また、自社で能力試験設備を所有し熱交換器の高効率化・コンパクト化といった熱テクノロジーの研究開発に取り組んでおります。独自開発の能力計算システムを駆使して、お客様のニーズに最も適した仕様の熱交換器を即座にご提案しています。
確かな技術と一貫した生産体制で高品質な熱交換器を作り続けています。
熱交換器の境川工業は常に技術革新に挑み続け、お客様にとって本当に役立つ熱交換器を安心してお使いいただけるよう努力してまいります。

会社概要

社   名 境川工業株式会社
創   業 昭和22年1月10日
設   立 昭和23年1月26日
代 表 者 代表取締役会長 真田勝博
代表取締役社長 真田博之
資 本 金 12,000,000円
従業員数 40名
事業内容 産業機械用熱交換器及び空調用ヒーター・クーラーの設計製造
所 在 地 大阪府堺市美原区大保210-1(本社・工場)
M A P

T E L 072-361-3085(代)
F A X 072-362-2094
取引銀行 大阪シティ信用金庫 松原支店
三井住友銀行 松原支店
北陸銀行 平野支店
京都銀行 堺支店
紀陽銀行 堺支店

会社沿革

昭和22年(1947年) 真田冨美雄が大阪市港区南境川町(現在の港区波除町)に「境川工業所」を個人創業。
昭和23年(1948年) 境川工業株式会社を設立。
暖房用鋳鉄製ラジエター及び各種水槽・油槽・化学タンクの製造にあたる。
昭和25年(1950年) エロフィンヒータの製造を開始。
昭和34年(1959年) 各種プレートフィンヒータ・クーラの製造を開始。
昭和43年(1968年) 1月、創立20周年を機に、大阪府南河内郡美原町に美原工場を新築移転。
生産の増強・拡大をはかる。
昭和47年(1972年) 生産拡充のため、第一工場の増築、塗装工場の新設をおこなう。
昭和49年(1974年) 大阪営業所を廃止し、本社美原工場に統合。製造と営業活動の効率化をはかる。
昭和52年(1977年) 生産拡充のため、第二工場を新築する。
昭和60年(1985年) 生産増強・拡充のため、フィン自動圧入機、円周自動シール溶接機、管板自動穴孔機、型鋼加工機等を導入する。
平成2年(1990年) 本社新社屋竣工。
平成5年(1993年) 創立45年を機に第二工場を改築、生産の増強・拡充を図る。
平成12年(2000年) ISO9001認証取得。
平成14年(2002年) KHK(高圧ガス保安協会)・溶接施工法確認試験 合格。(02大580)
平成15年(2003年) ISO9001:2000年度版認証取得。
平成16年(2004年) 生産増強・拡充並びに環境整備のためSUS用自動シール溶接機・自動管板穴明機等の導入並びに排水処理設備(酸洗処理)を設置する。
平成19年(2007年) ISO14001:2004年度版認証取得。
平成20年(2008年) ボイラー製造許可工場となる。(大労安許225-1号)
蒸気ヒーター能力実験設備を導入する。
平成20年(2008年) ISO9001:2008年度版認証取得。
平成22年(2010年) 第一種圧力容器製造許可工場となる。(大労安許225-2号)